› 今年の山開き 両神山に登山
登山

今年の山開き 両神山に登山

公開日2012年5月6日    カテゴリブログ, 登山

IMG_0940

今年のGW始まりました。最大9連休、なんて人もいるようですね。
ただ、長く休んでも、一日何もせずに家でゴロゴロしてもリフレッシュできませんよね。特に私のようにクリエィティブな仕事をしてるものならば、この機会に新しいエクスペリエンスを得るために何か活動したほうが リフレッシュされます。

というわけで、今年の初登山してきました。
雪山登山しないので、雪が溶けるこの時期が個人的な山開き、となります。

今回は日本百名山の両神山。
人気があり、またGWということもあり、4時に出発し、現地に6時30につきましたが、駐車場は満杯。
登山口より1.5km下の路肩に駐車しました

いくつか登山口・経路があるのですが、日向大谷という一般的なルートを選択。
八丁峠経由という難ルートも興味があったのですが、なにしろ半年のブランク。ここは無理をしないようにしました。

第一目標地点は、清滝小屋という無人の避難小屋です。行程にして2時間ほどでしたが、やはりきつかった!
沢沿いの道で、常に河の音を聞きながら、山行を楽しめるルートなのですが、常に登り。


道は良く整備されていて歩きやすいです。
気の根っこが張り出していたり、倒木などは少なかった のですね。
しかし、だらだらとした坂が徐々に体力を削っていき、30分としないうちに休憩タイム。う〜〜んこんなはずでは・・・


それでも、予定のタイム通りに清滝小屋に到着できました。

天気もよかったので、結構大勢の方が登ってらっしゃいました。若い人から年配の方まで。それほど、優しい山ではないのに、みなさんひょいひょい登ってました。
ただ、本当にキツいのはここ清滝小屋を過ぎてから。
つづら折の山道が、最後に一気に頂上まで巡ってます。

清滝小屋で、少し長めに休憩をとったお陰で、割とペースよく、登りました。

今回、装備品に1kg近い一眼レフカメラを携行。
これあったせいもあり、脚が重い重い。。体力アップを誓うのでした・・・

が、写真を撮りながらの登山も楽しい!接写もイメージ通りに行くので、何枚も撮ってしまいます。

この山はその名に「神」を宿すことから分かる通り、霊験新たかな場所なのです。
道中、このような石像があったり、

石碑があちこちに立ってたり。

そして、山頂の手前には両神神社という社があります。

登山者の気持ちを引き締めるかのように狛犬ならぬ、「おおかみ」像が鎮座しております。


しかし、ここまでくれば山頂までは後少し。

そして、昨年行った、乾徳山を彷彿とさせるような、気の抜けないクサリ場が連続してある岩場を抜けると、いよいよ山頂が現れます。

が、この山頂は本当にせまい!
あまりゆっくりとはできませんでしたが、折角の一眼レフで景色を撮影。

分かりますでしょうか?右手奥に富士山が見えます。

そして、圧巻は八ヶ岳!依然、白い雪をまとい、山梨県下ににらみを利かせるかのごとく、威圧的な風貌は登山をするものにとってはあこがれの山。

山頂にいれた時間はごく僅かでしたが、何時見ても山の一番高い所に立つのは気持ちがいいものです!

下山は、来た道を引き返し、無事登山終了。

今年の山シーズンスタートしました