› 雷雨の中の登山 奥多摩御前山にて
登山

雷雨の中の登山 奥多摩御前山にて

公開日2012年5月8日    カテゴリブログ, 登山

IMG_1090

GW最終日は奥多摩の御前山へ登山に行きました。
元々、仕事の関係で全く予定を入れられそうになかった今年のGWですが、大好きな登山と御坂へ行く時間だけでも確保できたのは良しとしよう。

御前山は「奥多摩三山」として、ガイドブックに初級者用の山として取り上げられることも多い有名な山です。

今回のルート...

スタート口の奥多摩湖は静かな様相・・・

しかし、登山口のっけからかなりの急坂!

普通これだけの傾斜なら、右に左につづら折に道は作られるのですが、ここは直登。
まっすぐ斜面を登ります。

スタートして、10分ほど、遠くの方で不気味な雷の音が・・・見上げると怪しげな雲が西のお山上空に張り出していました。
道迷い、脱水症、高山病・・・登山の危険のいくつかは経験したことがありますが、雷は初めて。
落雷による登山の死者は年間ほとんどいない、ましてこのような樹林帯のなか人に直接落ちてくることはなかろう・・

と、そのままどんどん登る。
しかし進むにつれ、次第に雷の音が近くなる。

正直、同行者には「大丈夫、大丈夫」といいつつも、お互いの体力や登山スキルを考えると、
一線を引いて、どこかで撤退することも考えてました。

と、そのとき、ものすごい雷の音が!もう聞いたこともない轟音が上空、、というより自分たちの身近なところで鳴って、これはヤバいと撤退を開始。
そしてその直後、すごい突風と雨が叩き付け、まさに台風の中。

しかし、すぐに、なにも無かったかのように、雷も、雨もどこかへ消え去りました。
台風一過。晴れ間ものぞく中、かなり下ってしまい、今一度登るべきか帰るべきか考え、結局今下った急坂を再度登ることに。

第一目標のサス沢山をクリアしたあとは比較的傾斜は緩くなり、天気も完全に回復。

途中、さっきの嵐で心折れた人たちが続々下山して行く中、我々は登り詰めます。いや、登山の途中撤退は勇気ある決断です。これができるようにならないといけません。

この山は展望がよくなく、景色はほとんど見れません。
初心者向き、、とはいえ、あまり楽しくない山ですね。

御前山までは、さきほどの「サス沢山」そしてその後の「惣岳山」という2つの小ピークを通過します。

惣岳山手前でようやく展望が開けて奥多摩湖が見えます。あぁ、あそこから登ってきたんだなと思うと力が湧いてきます。

嵐による中断があったとはいえ、かなり良いペースで登りすすめたので、どうなることかと思ったこの登山、ホッと一息。
が、それも束の間。惣岳山まで、あと十分少々というところでまたしても雷が!!
それでも惣岳山のピークが見えてきたので、そこまでは行ってしまおう。

が、またしても傾斜がキツい直登。雷も近づいてきて、さらに雨も降ってきました。

なんとか惣岳山 山頂に到着。ここから下山を決め込んでいましたが、他にも2パーティーがいて、御前山方面に向かうようでした。
ここまで、下って行く人にはたくさんすれ違いましたが、我々と同じく、この不安定な天気の中、登る人は初。

たしかに御前山までは目と鼻の先。しかもその先に避難小屋もあるので、来た道を下るよりは進んだ方が安全という判断は間違ってませんでした。

御前山にのぼりにきたのに、御前山はほとんどスルー。

二人で記念撮影して、いそいそと避難小屋を目指します。

だんだん雨も本降り。が、御前山からは下山になるので、若干ペースも上がります。
途中、1パーティーを抜いて、先行する団体さんの後ろにぴったりついて行きました。

ようやく避難小屋に到着

雷は収まりましたが、雨はいよいよこれから本番とばかりに止む気配がありません。

しかし、本当に避難小屋は助かりました。
私は、雷で真っ青になってるのに、団体さんたちはみなさん動じない。なかなかの経験者なのでしょう。そのお陰か、無形の力をもらったような気がしました。

 

で、ここまで、まともに休憩してこなかったので、良い休息時間となりました。時間は2:30。
出発時間、嵐、雷、、諸々条件を考えると、かなり早い!

15分ほど休憩して、雨も小康状態を保つのでは、と団体さんから聞いたので、出発。

道はぬかるんでましたが、なんとか下山。

途中、渓流沿いの道は、かなり苦戦をしいられました。やはりご飯を食べてないのが応えますな・・

素晴らしい滝が!

気持ちに余裕があれば、もっと留まりたい所。
御前山への登山は、実は、この渓流沿いが一番景色としては楽しめるのではないでしょうか。

ほっと下山。。。
今日、どこの山を登った?そんなことは重要ではない、今日一日予定のコースを全てやりきった、それが一番の経験。

登る前は、初心者の山だしぃ、まぁちょろっと登って終わりでしょ?ぐらいにあまり期待してなかったのですが、やはり登山は何かを与えてくれます!

雷雨の中の登山、撤退の判断が本当に難しいところで、山の中で雷に遭うことがどれほど恐ろしいかも少しですが、感じれたと思います。
本当に素晴らしい登山でした !