› 夏休み〜立山
日常

夏休み〜立山

公開日2012年9月17日    カテゴリブログ, 日常

IMG_3645

草津で温泉を満喫した後、翌日、立山に向かうべく、室堂に向かって移動。
室堂は、山で囲まれている高地なので、富山経由で行くか、長野の扇沢から立山アルペンルートを使って行くかのどちらかしかない。

今回は扇沢に車を置いて、トロリーバスやロープウェイに乗っていくアルペンルートを使うことにしました。
噂に聞く、トンエルの中を行くトロリーバスやケーブルカーに乗れるとあって、童心に帰ったかのようにワクワクしました。

トロリーバスで延々トンエルの中を「黒部湖駅」まで行きます。電気で走る、以外は普通のバスと同じ。環境に配慮してトロリーバスにしてるそうです。
「黒部湖駅」からはケーブルカーに乗り換えます。

ケーブルカーですが、乗ってる間はトンエルの中。こんなケーブルカーは初めてです。

そして次にロープウェイ。さすがにこれは空中を行きます。

そして最後に室堂まで通じるトロリーバスに乗り換え。
室堂に行くのに、合計4回も乗り換えます。
何かで 直通できたら楽なんですけどね。一つ一つは5〜10分程度なのですが、待ち時間や、各々の駅に行くのに時間がかかったりするので、1時間以上はかかりました。

扇沢を出た時は、強い雨が降っていて、心配だったのですが、室堂に着くと雨は上がっていました。

稜線もくっきり。快晴ではないのですが、この際贅沢は言ってられません。行く前は、かなりの降雨を予想してましたから。

当初、内蔵助山荘までを予定していましたが、到着時間が遅かったので、室堂から1時間あまりの雄山の尾根上に立つ一の越山荘までに止めました。

道は終始整備され、というより、しっかりコンクリートで道ができてました。

日本最古の山小屋を見つつ、いつ雨が降り出すとも分からないので、先を急ぎます。

 

途中、雪渓が道まで張り出していました。
雄山の肩に立つのが一の越山荘。

 

途中にほこらがあります。ここは霊験の山。立山は修行の場だったそうです。

それほど高くない場所にあるとはいえ、振り返ると、室堂のバスターミナルが小さく見えます。昼過ぎに登り始めましたが、時間はたっぷりあるのでゆっくり行きます。

 

バスターミナルで見かけた程は人はいません。あまり登山までする人は多くはないようです

 

早めに一の越山荘に到着したので、隣の竜王岳まで脚を伸ばしてみました。
「岳」とついてますが、ちょっとした小ピークで、実際の山頂は登山上にはありません。

で、行きしな、ちょっと雨がぱらついてきて、山荘までの距離を見ようと振り返った時、虹が!

自分たちの目線と同じ高さ、虹の根元を眼下に据える、という奇跡の瞬間!

虹って本来、遠く高くかかるものですが、ここでは目の前で、高さも自分たちの高さに。神が降り立つ場所に今自分たちもいるんだなと。

 

翌日、その神様にお参り行くべく、早朝4時より雄山山頂神社に向かって登山。
早朝からの山頂アタックは先日の鷲羽岳に次いでのことなので、馴れたもの。
鷲羽と違って、岩をよじ上るというシチュエーションがないのでまだ楽でした

相方さんは初めてのナイトハイク、しかも早朝からのいきなりの登山だったので、疲労感は相当だったと思いますが、何とか山頂へ。

山頂に神社があるのです!山は信仰の対象になることが多いので、社やほこらが建ってるは多いのですがここまで本格的なのは、日本広しと言えどここだけでしょう。

しかも宮司さんがいて、本格的なおはらいをしていただきました。

ありがたい詔を賜り、登山の無事を祈っていただきました

そして、ご来光。

 

 

素晴らしい景色にしばし明鏡止水の心境。

剱岳もきれいに山頂をあらわしました。

白馬岳でも剱岳を見ましたが、絶峰ここに極まれり、剣先を空に向かって突き立てていました。

山頂は9月とはいえ、かなり寒い。

そんな氷のように鋭い空気が、澄み渡らせた空は、昨日見れなかったものもさらしてくれました。
遠く五色ケ原も、まるですぐそばに手の届くところにあるかのように見えました。

山頂には飲み物や神社らしいグッズも多く売っていて、ここが民間人には開放されていない小屋であることが残念でなりません。

遠く富山の市街地も見えます

 

雄山神社の全景。社は遠くからでも見えました。

 

1時間ほど山頂で過ごした後、大汝山へ。
雄山からすぐに行けます。

休憩所もあります。奥は大汝山。この休憩所は、地図に記載がありませんでした

そして、富士の折立。この雄山から大汝、富士の折立を総称して立山と言うそうです。

このあと見事な内蔵助カールの稜線を通ります。

しかし、天気がよかったのはここまで。あっという間に雲が立山一体を覆い始め、別山山頂に着く頃には、完全に雲の中。ここでは雲さえなければ、

ここでは雲さえなければ、剱岳の全貌が見渡せるのですが、、残念。

下界はよく見渡せるのですが・・・

こんな天気の日は雷鳥に出会えます。

立山と言えば雷鳥、、そんな代名詞的な雷鳥ですが、今回は1羽だけ。それでも、見れたことに大興奮です。

剱岳の底部。少し雲が晴れたその一瞬を撮りました。

さて、登ったら下りる、それが登山。
雷鳥坂を下ります。

長かった旅もこれで終わり、、最後は立山名物の地獄谷へ、と思いましたが、あいにく火山性有毒ガス発生のため、見学が規制されていました。

近くで見たかったのですが、、、

帰りに黒部ダムを見学。放水していて大迫力でした