› 谷川岳テント泊縦走
登山

谷川岳テント泊縦走

公開日2013年6月14日    カテゴリ登山

DPP_qa0009

今年は空梅雨だそうで。しかし里では晴れていても山では雨模様なことはよくあること。今週始めに行った谷川岳も梅雨の雨日と雨日の間に生まれた貴重な晴日を利用して行ってきました。

前日、前々日は雨だったので道のぬかるみが心配されましたが、しっかり干上がっていました。aaa

とはいえ、出発時には手元の温度計で10℃前後。日差しは出ているものの寒さが冬の様相。ユニクロのフリースを着ての出発となりました。

今回は土合橋を出発し、白毛門→笠ケ岳→朝日岳→清水峠(泊)。二日目は清水峠→蓬峠→武能岳→茂倉岳→一の倉→オキ・トマの耳→下山という行程です。

このルートは、谷川岳をぐるっと廻るコースの形が馬の蹄の様だから馬蹄形縦走といわれ、ハイカーの間では有名なコースです。

今山行の目的は山のピークを目指すいつもの山行と違って(結果的に色々踏んでますが)初めてのテント泊を経験すること。
色々な不可抗力が想定されるので、通常のテント泊装備だけでなく、食料・水は多め、虫除け対策、防寒服、寝れない時用の本等々・・重量は相当なものになりました。

さて、そんな「超重量」状態で、いきなり平均斜度18°という谷川屈指の急登、白毛門の登りが始まります

この日に備え、日帰りできる山でもテント泊装備を担いでの予行演習を繰り返しました。が、今日はいつもよりさらに重い上に、これほどの本格的な傾斜では練習してこなかったため、開始20分で汗だく。先ほど着たフリースは早々にザック内へ退場。

目指す白毛門はまだ遠く、容赦なく続く坂にへこたれそうになりながらも、時折見せる谷川の自然に癒されます。

他の山ではあまり見かけませんが、現在の標高が100m単位で表示してあります。

スタート地点が標高700mだったので、ここまでで500mも登ってきました!

が、白毛門は1700m地点・・・まだここは中間地点です。

普段行く山だと、標高差500m上がるには2、3時間かかりますが、ここの場合1時間ほど。いかに急かが分かります。

登り始めること2時間ほどすると急に視界が開けます。そうすると谷川の岩陵が姿を現します。谷川岳は標高の割に森林限界が低く、アルプスのような大展望が臨めます。

白毛門途中の松の木沢の頭にて。

今まで樹林帯だったので気分も滅入りがちでしたが、景色を見ながらなら気も晴れるだろうと思いきや、ここからは直射日光の雨にさらされ、さらに過酷な登山に。
樹に守られながら登っていたので気付かなかったのですが、気温がかなり高い。25℃を超えてました。
アルプスだとカラッとしていて、それでいて冷たい吹上の風が舞うのでそれほど暑さは感じないのですが、ここはジリジリ皮膚を焼くような暑さと、前日までの湿気が襲います 。

スタートから3時間ほどで白毛門に到着。

一の倉とオキ・トマノ耳が目の前によく見えます。明日にはあそこにいる予定ですが、あまりの距離感の遠さに想像できません。

多くの登山者の命を飲み込んだ一の倉の岩陵。

白毛門の急坂が、今回最大のポイントだと思ってたので、到達できて少しホッとしました。しかも想定時間よりも僅かに早かった。
この装備で通常通り登れてれば大丈夫と少し自信になりました。

景色は最高にきれいで、この晴天。言うこと無いですね

次のピークの笠ケ岳山頂もよく見えます。

今年登った山ではお花が見れませんでしたが、ここではたくさん見れます。

あとで調べようと、たくさん撮ってきました。

花も低い山だと笹に飲み込まれてしまってるのですが、ここではたくましく自生し、可憐な花を咲かせています。

1時間ほどで笠ケ岳に到着。このころからすれ違う人に「馬蹄ですか?」と訊かれるように。

やはりここでこういう装備を見ると、馬蹄以外ないですし、私以外でテント泊など重装備な感じの人はいません。

山頂で休憩してる間も、そういう話を他のハイカーさんとしてました。ほとんどの人は、この先の300名山朝日岳に登らずここで引き返すようです。

お気に入りのドトールのパイナップル缶詰でエネルギーを補給し、今日最後のピーク朝日岳を目指します。眺めがいいので登山道がよく見えますが、朝日岳までは登ったり下ったりの連続のようです。体力が保つか心配になってきました。。。

地図上では1時間15分とあり、時間的に余裕があるので、もうゆっくり行くことにします。それこそ2時間かけるつもりで

 

途中で見た花。イワイチョウという花でしょうか?

二登り三登りした頃でしょうか、山頂が見えてきました。

写真だと分かりませんが、山頂の標識も見えます。あとちょっと!

2時間かけるつもりが結局コースタイム通りで300名山朝日岳山頂に到着。

この辺りで○○名山と言われるのは、オキ・トマの100名山、仙ノ倉山の200名山、そしてこの朝日岳。大源太山とか茂倉岳なんてかっこよくていい山なんですけどね。

だれもいない山頂でゆっくり時間を過ごします。

朝日岳は朝日が原という湿原があって、水をたたえるととても美しい景色が広がるようです。

今はまだ残雪が覆っています。一部で池塘も見えました。

朝日岳山頂から少し行った所にある「ジャンクションピーク」と呼ばれる巻機山へと続く分岐。右奥の笹の中がその道なのですが、踏み後が極端に薄く、そこに道があることは確認できませんでした。
上越国境の難路として一部のマニアには有名な道のようです。当然この先何十キロと小屋はおろか補給箇所はありません。よほどの経験と覚悟がないとこの先は踏み入れては行けない領域です。

ジャンクションピークを過ぎると、今回の幕営地である清水峠までどんどん下るだけ。

笠が岳以降全く人に合わなかったし、その先にも人の気配がないので、今日は一人なんだろうなとか考えていたら...道を間違えてしまいました。

どんどん下って行くのは良いのですが、この雪渓も下まで行ってしまったものの、行き止まり。。

左の方に明らかな踏み後があるので、周りを見ること無くその足跡をたどって失敗してしまいました。

あとで分かったのですが、ここは残雪期には間違えやすい箇所のようです。その足跡も、下まで行って引き返した時のものなのかもしれません

無駄な体力を使いつつも、2:40頃清水峠に到着。

この装備をかついで、登ったり下ったり・・・おまけに標高際1200mを行った訳ですから、我ながらたいしたもんです。

着いて早々荷物を放り出し、しばし放心。気持ちのよい芝生と鳥のさえずり声が今までの苦労を忘れさせてくれます。
登山をして最高の瞬間ですね

 

夕暮れになる前にテントを張ることに 。事前に練習してきたので、問題無し。

しかし、到着しても、ここは避難小屋があるだけで、いつものような売店は無し。無性にコーラが飲みたくなった!
もう頭の中はコーラ飲みたい、で頭がいっぱいです。 あとはフルーツ缶詰一つしか甘味がないので、これを明日にするか今食べるか。
ここから2時間行った所にある蓬ヒュッテまで行けばなにかありそうですが、片道二時間かけてジュースを買いに行くわけにいかず。。。あぁ下界はなんと恵まれてることか!

結局、この日は我慢するしかありませんでした

そしてもう一つ問題が。それは水の問題。

途中すれ違いの人が「清水峠の水場は枯れてるよ」と言われ、水を節約したのですが、それでもこの暑さでハイドレーション内の2Lはすでに尽きかけ、残り500MLペットボトル2本の1L分のみ。煮炊きしなければ大丈夫だけど、ご飯を食べない訳にもいかないし。

ただ、雪渓が近く(といっても片道10分)あるので雪を溶かして煮炊き用に使うことは可能なはず。

あまり要領がわからないまま、コッヘルとポリパックをもって雪をかき集めるも、残雪なので土、小さな木片等が混じります。

しかも口の小さいポリパックに詰めるのは至難の技。早々に諦めました。

実は、近くにJRの監視小屋の人が使う水場があることを事前にネットで調べていたので、急遽それを探すことに。
当然、そのような公共のものでないものは地図に載ってないので、ネットの情報をたよりに探します。

監視小屋から蓬ヒュッテに向かう途中に、左に折れる謎の道があり、その先に行ききると立派な水場があるらしい。
が、道は見つけられたものの雪渓に阻まれ先に進めず。急遽引き返してアイゼンをもってくることに。

今回の登山で持って行こうか置いて行こうか悩んだものの一つがアイゼンでした。
事前に調べると雪渓残るもそれほど長い歩きではなく、みなノーアイゼンで大丈夫みたいなことを見たので、このかさばるものを置いてこうと思いましたが、結果的に今回の馬蹄型縦走で最も活躍することになりました。

さっそくアイゼン装着してどんどん深く入って行きました。途中、夏道になったり再び残雪になったりと、アイゼンを何度もつけ直しました。


が、結局6時を回った所で日も暮れ始めたので帰ることにしました。意外と遠い。というか雪に埋まってしまって通り過ぎたのかもしれません
幸い、行きすがら見つけた沢で水を汲むことができました。
生水を飲むのはあまり好きではありませんが、これがなんと旨いことか!なんとか翌日の水、煮炊き用の水を確保できました。

帰ってくると既にあたりは暗くなり、

湯沢方面から陽が沈んで行きます。今日は本当に疲れた。

そして初めてのテント泊、そして天気予報によれば今夜は晴れ。しかも新月。満点の星が期待できます。そのために重い荷物の中から三脚は外せませんでしたし、テント泊を始めた動機もそれです。山小屋泊だと他の客の迷惑になりかねませんからね。

しかし7時過ぎから風が強くなり、瞬く間にテントをバタバタ揺らすほどの強風に変わった。
しかも、谷川岳方面からどんどん雲が流れてきて、もう星空鑑賞会どころではありません。

しかたなく、テントの中で朝を待つことに。風のためテントがうるさくて眠れませんでした。これに雨が加わらなかっただけまだまし。

星空は次回にお預け。せめて日の出だけでも、と朝3時に起きて準備にかかりましたが、依然風は強く、雲も低く立ちこめてました

もう、これにはがっかり。
することも無いので早々に出発します

2日目がスタート。

まずは七ツ石小屋山を経由して、蓬ヒュッテに向かいます。

出だしの急坂を登りきると、先ほどまでの避難小屋は小さくなっていきました。

七ツ石小屋までは簡単な道、、かと思いきや、スキー場の上級者コース並みの雪面の急坂。しかも踏み後が無いのでどこまで登っていいか分かりません。

大体の方向を定めて登って行くしかありません。他には道はないのですから。

昨日の水探しで使い、もう使うことは無いだろうと思っていたら、早速ここで使用。この後も何度となく使うことになります。

雪面に10本爪アイゼンの先爪を食い込ませながら登って行きます。
少し登った所で道がまた見えてきたのでようやく通常の道に復帰しました。

七ツ石小屋山に到着。本来ならここでご来光を見る予定でしたが、かなわず。

そこからは幻想的な笹道を行きます。おそらく太古から変わることの無い道を同じく変わらぬ景色を見ながら蓬ヒュッテを目指します。

 

今回はじめての有人小屋の蓬ヒュッテに到着。しかし全く人気のないこの小屋に、おそるおそる入ってみることに。目的は、ずっと我慢していたジュースを売ってもらうためです。
入ってみると、奥にさらにお座敷があって、こたつでテレビを見てるご主人が。
久しぶりに見る文明の日常に、一瞬あっけにとられましたが、突然の来訪に快く応対していただいたご主人からジュースを購入できました。
蓬ヒュッテは本当に小さな山小屋で30人も入ればいっぱいでしょう。
ただ、このロケーションにあるのは非常に貴重です。
蓬ヒュッテでしばらく休憩しますが、まだスタートしたばかり。
そして、これから行くのは、武能岳、茂倉岳、一の倉岳と谷川きっての鋭峰が続きます。
目の前の武能岳。笹原に続く道・・・谷川岳の美しい景色です。こうやってみると、曇り空によく映えてるような気がします。
武能岳山頂。そうすると、眼下に関越トンネルの土樽パーキングを見下ろせます。
よくスノーボードの帰りに見ていた山に立ったという満足感と制圧感で満たされます
武能岳〜茂倉岳は累計高低差400mの手強い登り返しです。
つまり、武能岳から200m下って、そこから400m登り返します。
以前行った、北アルプスの大天井岳〜燕岳間の「天狗の大下り」を思い出されるぐらいの高低差。噂に聞いてはいましたが、実際に見てみるとなかなかの切れ具合。
まだ下ります。
そして登ります。ゆっくりペースを乱さなければ、なんとか一息で登れました。
茂倉岳途中で、振り返ると、早くも武能岳が遠くなってました。
はるか遠くと思ってましたが、わずか2時間ほどで茂倉に到着。今回の山行で「白毛門の直登」と「茂倉岳の登り返し」は難所と見ていたので、ここを終えてホッとしました。
昨日、沢の水を汲んできておいたよかった。あのおいしい水のおかげでここまで来れました。
茂倉から一ノ倉岳までは高低差もそれほど無く、時間も20分ほどと地図に載っていたので楽勝、、、と思いきや、広大な雪渓が広がり、しかも水上側に向けて切れ落ちてます。この雪渓を滑落したら・・・考えただけで恐ろしい。大下りに雪渓..スリリングな登山が続きます。
が、実際雪渓を渡ってみると、まったく危険ではありませんでした。
遠くから見ると狭く見えた尾根筋でしたが、実際には広く、雪の上をざくざくアイゼンをかましながら楽しく登れました。
ただ、それでも念のため用心して新潟側にそって歩くことに。
ふと群馬側を見ると、袈裟出発した清水峠が小さく見えます。。写真では分かりませんが、肉眼でははっきり小屋が見えます。
僅か5時間ほどでぐるっと半周してきました。
次々と山頂を制覇して行き、最後はオキ、トマノ耳のみ。
左手の群馬側を見ると、多くの命を飲み込んだ岩場、まさに岩の墓場とも言うべき恐ろしい岩峰を覗かせます。
難所が終わったら、また難所?とさすがに疲れがどっと出てきました。
しかし、ここも実際行ってみると、登山道は見た目ほど歩きにくい、ということは無く、岩をよじ上ったりすることはあるものの、脚は岩にしっかりかるし、傾斜もそれほどではない。
難なくオキノ耳に到達しました
この日は平日にも関わらず、たくさんの人がいました。
2年ぶり。前回は相方と紅葉も過ぎた季節に着ました。そのときはロープウェイを使って天神尾根をゆっくりハイキング感覚で着ました。
今回とは、到達の重みが違いますね。
早々にトマノ耳も通過。
前回は小屋終いをしていた肩の小屋も、営業していました。
しばし休憩のあと、ようやく下山。お疲れさまでした!っと気を抜くのはまだまだ早い。
今となってみれば、今回の行程で一番危険度の高かったのはこの西黒尾根からの下山だったのではないでしょうか?
急峻な岩場を長い鎖を駆使しながら降りなければならず、しかも、足場の石が踏みならされてツルツル。
「滑り落ちる」ようにし、腕は鎖につかまりつつ、おります。
西黒は日本三大急坂として、黒戸尾根と並び恐れられているのですが、ここについては下山でこそ恐ろしい坂ではないかと。
西黒尾根から厳剛新道に乗り換えてからも、気の抜けない、クサリ場と岩が続きます。
おまけに道が崩落してる箇所もあるなど、本当に怖いところが多かったですね
厳剛新道はあまり歩かれてないのか、踏み跡の付き方がちゃんとしてなくて、歩きづらい所が多々あり。
しかも、標高際500mは下ったであろうが、さらに襲いかかる雪渓。
厳剛新道に入って1時間半。ようやく下山できました。
疲れもあってかその跡の40分にも渡る車道も、歩くことがままならないぐらい疲労感でいっぱいに。
今回の山行は、テント泊経験が目的とはいえ、補給の少ないルートでかつ雪渓あり、クサリ場ありと、通常の山行としても少しレベルが高かったかもしれません
大いに自信にはなりましたが、この疲れは家に帰ってからも全く抜けることはありませんでした。
テント泊は楽しかったかどうかというと、どうとも言えませんが、自然と一体になれることについて、怖い部分もありますが、本来の山登りの姿に近いと感じました。
もちろん山小屋泊も、人の交流を含め良い所はいっぱいありますが、 テント泊で自然と向き合うことは「山を知るなにより」の物であることは間違いはないでしょう