› パンフレット
日常

パンフレット

公開日2010年12月29日    カテゴリパンフレット, 印刷物     URL

昨今の印刷価格下落により、手軽にパンフレットを作成できるようになりました。折り込みちらしや、セミナーでの資料、会社概要と同封するちょっとしたサービス説明など、じっくり読ませるというより、あまり多くを語らず瞬間的に情報を相手に伝えるものが主流です。末尾には「詳しくはウェブで」と掲載される事が多いように、ウェブへの流入ツールととらえた方が今の時代は一般的と言えるかもしれません。

 

表面だけのパンフレットから表裏両面に変遷したデザイン

多くの事を言いたい場合、表面だけでは紙面に余裕がありません。裏面もつかってより豊富な情報を伝えるように変更がなされました。

表だけのちらし

表面だけのちらし

 

左側が表面、右側が裏面

左側が表面、右側が裏面

 

「カタログ一式」の中に入れられる印刷物

資料請求で、メインのカタログの他にも同梱した場合のちらしです。キャンペーンのものは派手に、それ以外のものは落ち着いたデザインにしています。

キャンペーン・クーポンチラシ

キャンペーン・クーポンチラシ

 

ユーザー事例のチラシ。あくまで本サービスを紹介しているカタログやチラシのオプション的な位置づけの物

ユーザー事例のチラシ。あくまで本サービスを紹介しているカタログやチラシのオプション的な位置づけの物

 

まず手に取ってもらう事を考えたパンフレット

このパンフレットは、異業種、同業種のチラシ10枚ほどが入り交じった、パッケージ袋に入れるものです。実際、その袋に同梱されているものを見てみたのですが、チラシがたくさん入っていて、受け取った人がこれを一枚ずつ見ていくことは無いだろうな、と思いました。
そこで、左端に端的に文章を縦書きで入れる事により、メッセージを「先伝え」させ手に取ってもらう工夫をしました。

この手のちらしは色をどんなに目立たせても無駄。他社も同じぐらい派手ですから。ですので、目に留めてもらう何か工夫が必要となります。

左端の工夫

左端の工夫

 

セミナー向けのパンフレット

セミナーの資料に配ったものです。

セミナーの案内

セミナーの案内

左側が表面 右側が裏面

左側が表面 右側が裏面